CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ドット | main | もうすぐ6月 >>
歌屋BOOTEE @ Goqoo

歌屋BOOTEE
渋さの中にチャーミングさが見え隠れするブルースマン、
カサヤンことカサスリム。
すばらしいギターで「無駄のない男(!?)」、
マーボウこと芳賀まさひろのコンビ。

個々では何度か観た事があったけど、
歌屋BOOTEEとしてライブを観るのは初めて。
噂では聞いてたけど、活動を休止されていたので観たくてもみれなかった。
このライブが決まってから、ずっと楽しみにしてました。

 

前半、後半と二回に分けたステージと聞いていたから、
前半はゆっくりめかなぁ。と勝手に思っていたら、
いい意味で期待を裏切られる展開に。
『ワンスコッチ』『私の彼はブルースマン』『寺田町』などなど、
聴きたいと思っていた曲が連発!
常連のファンの方からも、もうこの曲するの!?って
びっくりされているくらいで、、、
いつもと違う空気と気持ちが、お二人に働いたのかもしれないな。

後半は長めの弾き語りから。
休憩を挟んで雑然となった会場を徐々にBOOTEEの空気に変えていく。
前にカサスリムソロで聴いた『眠れないままに』をいいタイミングで聴けて。
ジーンと感動。
ビリー大中さん(←うる覚え)って方の曲らしく、
とても切なくてでかっこいい曲。
忘れたいのさベイベ♪思い出さないバイバイバイ〜♪

あと、うどん屋さんの内輪話で笑わせてもらって、
きっちりそのうどん屋ブルースで締めてくる。
全体的に後半はマーボウのギターが冴え渡り、
前半とは違うテンションを感じた。

個人的に特に良かったのが前半最後の『ブルースを片手に〜』ってやつ。
前半も後半も、素晴らしい曲が目白押しやったけど、
この曲が私の中では最高の一曲やった!

終わってから、まるで兄弟のようなお二人の話に
ライブとは違う面白さを感じて大盛り上がり。
その話にマスターやまわりのお客さんが突っ込んだり同調したり。
ライブが終わったのに、たくさん笑わせてもらって、
なんだか愛おしい時間に2倍楽しんだ感じでした。

またどこかで二人の音楽を聴けたらいいな〜。

| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://b.fuku-latte.com/trackback/1027972
トラックバック